上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.25(Wed):懐ゲー

1988年発売。原作の【中学生編】・【ジュニアユース編】をほぼそのままトレースした内容。試合の前半後半の合間に自分の好きなキャラと会話出来たり、試合の合間に町を探索したりという初期のファミコンゲームならではの要素もあった。この街を探索するのはアドベンチャーゲーム方式になっており、パリのエッフェル塔の下で岬と再会するシーンがモチーフとなっている。岬の捜索に成功すると、原作通り岬をジュニアユース編で使用できるようになる。

中学生編では原作の同時優勝という設定が受け継がれ、翼率いる南葛中が日向率いる東邦学園と同点で試合が終わっても試合クリアと看做され、先(Jr.ユース編)に進むことができる。ちなみに、この時のゲームの優勝旗を持つシーンが、同時優勝ならば原作と同じく翼・日向が一緒に持つ絵、勝ち越しならば、そこから日向の姿を抜いた絵になっている。
~wikiより~

このゲームはそれまでのサッカーゲームとは違って、選手ごとにコマンドを選び、ガッツを消費して実行させる全く新しいリアルタイムシミュレーションゲームで斬新で面白かったですね^^

原作のキャプ翼はそんなには読みきってないのですが、それでも充分原作の雰囲気を味わえるいいゲームでした。

アドベンチャーパートの岬君探しが地味にめんどくさかった記憶があります。
こんな事より早く試合させろとw
しかしゴールデンコンビ無しでは雰囲気台無しなので頑張って見つけましたねー。

あとキーパーが若林君が最強とは思うのですが、必殺技が無い為、若島津君?の三角飛びの方が強い気がしてガッツ無くなるまではまず若島津君を使ってたのは私だけでしょうか^^;

まあ森崎君は空気でしたけどねw
もりさきくんキャッチにいく!だがとどかない!
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/97-4d3df0bb
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。