上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.20(Fri):懐ゲー

『独眼竜政宗』(どくがんりゅうまさむね)は、1988年4月5日にナムコ(現バンダイナムコゲームス)から発売されたファミリーコンピュータ用歴史シミュレーションゲーム。ナムコット ファミリーコンピュータゲームシリーズ第38弾。

プレイヤーは奥州の戦国大名・伊達政宗となり、奥羽等11カ国の統一を目指す。アミダクジで金山探しや流鏑馬などのミニゲームもある。キャラクターの表情が変化する。
~wikiより~

これが私の初戦略シミュレーションゲームでしたね。
これが面白かったのでその後、不如帰、信長の野望「戦国群雄伝」、水滸伝、三国志等同タイプのゲームにはまり、がっつり洗脳されてた時期がありました。
三国志とかは横山光輝のコミックを全巻集めてましたしねー。

当時の友人にもこの手の歴史シミュレーションが好きな人多くたのもハマッタ要因でしょう。

まあこの『独眼竜政宗』は当時は面白かった記憶はあるのですが、内容は最上が強かったという事くらいしか覚えてませんw

時期的に確かNHKの大河が前年あたりにあった気がします。

今やハリウッドスターの渡辺健が主演のドラマでした。

当時は自分の部屋が無かったので、親が見てたドラマを一緒に見てましたねー。

最近は親と食事も一緒に出来てない生活です。

親が元気なうちにまた親孝行しないとなと思う今日この頃です^^
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/92-a54df4b7
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。