上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.15(Sun):懐ゲー

『ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』(ワルキューレのぼうけん ときのかぎでんせつ)は、1986年8月1日にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)からファミリーコンピュータ用ゲームとして発売されたアクションロールプレイングゲーム。

1998年発売のプレイステーション用ソフト『ナムコアンソロジー2』にオリジナル版と、グラフィックやアクション性を強化したリメイク版が収録されている。また、2006年から2007年にかけてiアプリ、EZアプリ、S!アプリ版が順次配信された他、2007年3月20日よりWiiのバーチャルコンソールでも配信された。

剣と魔法で攻撃していくアクションゲームとしての要素の他に、「敵を倒すごとに経験値を得て、宿に泊まるとレベルアップ」「フィールドやダンジョンでアイテムを集めなければ先に進めない」などのロールプレイングの要素も盛り込まれていた。また、昼と夜の概念があり、夜の場合の特徴として「敵が強くなる」「特定のイベントが発生する」などがある。

ゲームスタート時に生年月日と血液型を入力するが、星座、血液型によって成長速度が異なるシステムとなっている。

ゲームの中断は、宿に泊まった際に表示されるパスワードを再開時に入力する方式となっていたが、再開時には重要なもの以外のアイテムが無くなるというシステムになっていた。

体力が0になるとワルキューレが墓に埋められ、天に召され、ゲームオーバーになる。
~wikiより~

これが私の初RPGだったかな?ハイドライドスペシャルというよく似たゲームとどっちが先だったかよく覚えてませんが、購入したRPGはこれが初でした。

上にも書いてるように最初生年月日と血液型を入力するのですが、私の場合、HPとががやたら少ない魔法使いタイプになってしまい、進めるのにかなり苦労しました^^;
他の適当な数字入れた方があきらかに強かったのですがどうしてもやはりこだわって自分のステータスいれてしまうのですよねw

あとこのゲームの中断はパスワード方式でした。たしか英語やら数字やらひらがなが交じり合って何回も間違い、結局心折れてしまいクリア出来ませんでしたねー。

当時の俗に言う復活の呪文系のパスワードは、0とOやぬとめやぱとば等間違えやすい部分を何度も入れなおして足掻いてみたものです^^

まあそれで成功する事は数える程しかなかった訳ですがw

その後ドラクエ3でバックアップカートリッジが出た時は時代の進化を感じましたね。
まあ無駄に変なクセがついてしまいましたが。
私達の年代の人は今でもファミコンをした時は、多分どんなゲームでもリセットボタンを押しながら電源を切るでしょうw
そのクセすら懐かしく感じる今日この頃^^

↓伝説の復活の呪文
ゆうて いみや おうきむ
こうほ りいゆ うじとり
やまあ きらぺ ぺぺぺぺ
ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺぺ
ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺぺ ぺぺ
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/87-e07a2bad
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。