上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.10(Tue):懐ゲー

『バトルシティー』(BATTLE CITY)は、1985年9月にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。アーケードゲーム『タンクバタリアン』(1980年同社作品)のリメイク作品。ワープマン同様、ゲーム画面だけでなくキャラクターのグラフィックも一新され、協力・対戦プレイや各種パワーアップなど、時代に即したグレードアップが功を奏し、ファミコンブームを支える中堅タイトルとしてヒットした。

マップの中には同社アーケードゲーム『ディグダグ』や『リブルラブル』、『マッピー』などのキャラクターを模したものがある。
~wikiより~

これも2人同時プレイが出来て友達が遊びに来た時よくやってましたねー。
多分誰もが1回は2人プレイ時に即司令部破壊させてゲームオーバーというのをしたと思いますw 

あとこのゲームにはマップコンストラクションモードがあって、好きな様にマップを自分でデザインもできます。

司令部を絶対破壊出来ない防弾壁にして好き勝手遊んだり、逆に丸裸にして自らが司令部の盾となるぜプレイをしたりして遊んでましたw

初期のファミコンゲームの中でも屈指の名作ではないでしょうか。

このバトルシティーには個人的な忘れられない出来事がありますw
昔、営業してた時に配属が高松だった事がありしばらく住んでいたのですが、そこに当時では数少ないファミコンソフトを取り揃えてるおもちゃ屋?的な店がありました。(あなに教えてもらった店ですがw)
スーパーマリオの新品等完全オーナーの趣味的な物を取り揃えてるマニアショップ的な店でしょうかね?
そこに結構足を運んでいたのですが、ずっと気になっていた商品がこのバトルシティーでした。
なぜか値段が19800円くらい?(うる覚え。万越えは確かです)でしたw
で、ずっと欲しかったので一度直に聞いてみました。
私「このバトルシティーの値段って0一個多くないですか?」
店主「いえ、それで間違っていません(キリッ)」

お前売る気なくただ自慢で置いてるだけやろ!w

と言いたい気持ちをかみ殺し、はあそうですか、と諦めざるをえませんでしたw

何とか「このバトルシティーください(● ̄ー ̄●)ドヤ」と言って店主の焦る顔を見たかった23の夏。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/81-50bdcd5a
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。