上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.31(Sat):懐ゲー

『ツインビー』 (TwinBee) は、コナミ(→コナミデジタルエンタテインメント)の縦スクロールシューティングゲームである。1985年3月5日にアーケードゲームとして初登場し、翌年ファミリーコンピュータ(FC)とMSXに移植された。

プレイヤーは自機(1P側:ツインビー、2P側:ウィンビー)を操り、空から迫り来る敵と地上に配置された敵を倒しながら進攻していく。2人同時プレイが可能で、同時プレイ時のみ可能な攻撃もある。空中にはショット弾、地上へは爆弾で攻撃する。空中の敵は編隊で出現することもあり、全滅させるとスペシャルボーナス1,000点が入る。地上への爆撃は、射程内だと自動的に照準が合うようになっている。地上の敵を破壊するとフルーツやスターなどのアイテムが出る。

ツインビー・ウィンビーとも、爆弾は自機の左右に備える手のようなもので投下するが、手の部分に敵もしくは敵の弾が当たるとアーケード版では片方ずつ失われ、対地攻撃を連続で行えなくなり、両方とも失うと爆弾が投下不可能になる。ただし1機につき1度だけ、画面上部から出現する救急車と合体することで手を修理してもらえる。救急車を取り逃がした場合には時間をおいてもう1度だけ出現する。FC版などでは敵弾を受けると手は1度に両方失われ、救急車を取り逃がすと二度と出現しない。

一見、『ゼビウス』(バンダイナムコゲームス、当時はナムコ)を思わせるゲームデザインでありながら、登場するキャラクターのコミカルさ・可愛らしさが特徴的だった。
~wikiより~

ポロさんのリクエストにお応えしてツインビー!
てかこれも私持ってましたけどね。なぜ買ったのかは思い出せませんが、出来のいい面白いシューティングゲームでした。

これは1Pのみでも面白いのですが、2人同時プレイがより楽しかったですね。
まあハイスコアや面アタックはだんぜん1Pの方がやりやすいのですが^^;

2人同時プレイだと、面アタック等明確な目的もってやる場合以外はまあ確実にベルの奪い合いになってしまいます。
あと相手が頑張ってベルを赤(バリア)にまで変えて、取ろうとした瞬間に下から撃って黄色に変えたりw
当時の小学生時代の私達は、協力プレイ=足の引っ張り合い、と言う感じで遊ぶ事が多かったですねw

2人同時プレイだと合体もできるのですが、まあはっきりいってあまり役に立ちませんw
私は連打が14、6連打できたので横合体した時は、私連打に専念して友達に操作させてましたねー。

死ぬと罵声飛ばしましたがw

この後ぞくぞくツインビーの続編出てましたが(もえろツインビー、ツインビー3 ポコポコ大魔王、ツインビーだ!!、Pop'nツインビー等)やっぱり1が一番面白かったですね。
まあ1しかやって無いのですがね^^;
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/71-8c85b899
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。