上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.04(Sun):FPS

「Call of Duty: Black Ops」に収録されていた「Nuketown」は,核実験施設内に作られた核爆発被害評価用の町で,(1960年代の人が考える)未来的なアメリカの住宅地と,そこに置かれたマネキンが,奇妙な雰囲気を生み出していた。Black Opsのマルチプレイでファンの人気が最も高かったマップの1つであり,そのためか,Nuketown 2025のレイアウトもほとんど変更されていない様子だ。

日本語版「コール・オブ・デューティ: ブラックオプス II」(PC/PlayStation 3/Xbox 360)は,字幕版が11月22日,吹き替え版が12月20日にリリースされる予定だが,初回生産特典としてNuketown 2025が同梱される。
近未来を背景にしたストーリーや,新たなマルチプレイモードなど,さまざまな試みに挑戦するシリーズ最新作だが,Nuketown 2025も楽しみだ。

~~~
このマップって初回特典で必ず付いてくるんですね。
特別版みたいな感じのやつかと思っていました。

見た感じほとんど変わってないみたいなので、またリスポーンと同時にフラグポンポンの日々となる訳ですねw

楽しみですが、最近本格的なFPSに全く触れてないのでおそらく超クソエイムと化してると思われます^^;

ボーダーランズとかはやってますが、おそらくボダランは変なクセついてCODには逆効果だと思われます。

出る前くらいにはCODちょっと触れておかないとまずいですね^^;
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/292-83c060a2
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。