上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.13(Sat):雑記

テレグラフ紙によると、研究を発表したのはカナダ・ブロック大学の心理学研究チーム。同チームはカナダの高校生約1500人を長期にわたって調査し、暴力的なゲームで遊ぶことと生徒の暴力的な態度との間に関係性が見られたとしています。

詳細は以下より。


調査ではカナダ・オンタリオ州の高校生約1500人(男女半数ずつ)に生徒自身が行った暴力的行為(ほかの人を強く押す、殴る、蹴る等)について聞き、4年間に渡り定期的に同じ質問をして結果を集計しました。

生徒が調査開始時の9年生(14~15歳)から12年生(17~~8歳)に成長する間に、「何年も続けて暴力的なゲームで遊んできた10代の子どもは、より急速に暴力度が増す結果が出た」とのこと。

~~~
毎度毎度よくこういう研究をいたしますね^^;
CODとかやっててVCの暴言PTとか聞くと確かに一理あるかな?という気もしますが。。。

しかしながらよく考えると、暴力的なゲームをやってるから暴力的な態度に変貌する、というより、暴力的な態度を取る性格の人間が暴力的なゲームが好きというだけな気がものすごーくしますが^^;

私の個人的な経験では、CODとかやり始める前まではよくゲーム内でブチ切れてたのですが、逆にCOD始めてからはほとんどゲーム内でブチ切れる事がなくなりました。

まあ私は年齢を重ねすぎたのであまり参考にはならないのですがw

逆にたとえると悪ガキの子供にずーっとどうぶつの森とかやらせてたら性格変わるのか?と聞きたいですw

おそらくそういう子はすぐやめて格闘ゲーやらのゲームにはまっていくだけでしょう。

性格形成とかは幼年期の家庭環境に依る所が大きいと思うので、ゲームやテレビとかに責任を持っていく考え方には賛同しかねますね^^;
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/270-1797020a
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。