上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.12(Fri):懐ゲー

『パラッパラッパー』 (PaRappa the Rapper) は、七音社によって制作されたプレイステーション向けゲームソフトのタイトル、またはこれを原作とするテレビアニメのタイトル。

1996年12月6日にソニー・コンピュータエンタテインメントが発売。音楽をミュージシャンの松浦雅也、キャラクターデザインをロドニー・アラン・グリーンブラット、ゲームシナリオを伊藤ガビン、セリフなどをMC RYUが手がけた。音楽 (手本のリズム) に合わせてボタンを押してラップするというゲームシステムの音楽ゲーム。ゲーム中のキャラクターはポリゴンで描画されるが、人物の正面図と背面図をそのまま貼り合わせたような、厚みのないモデリングが基本形となっている。
~wikiより~

これは発売時から知ってたものの100%クソゲーだろうと決め込んでガン無視してました。
で、ある日大学の友人の下宿先に遊びに行った時にその友人が購入してるのを発見。

「何?こんなゲーム買ったの?ww」

と小ばかにした感じで友達に言った所、ほぼ無理やりにプレイさせられる事に。。。

数日後私のゲームコレクションにきっちり「パラッパラッパー 」が加わりましたw

これ時期的に音ゲーブーム(リズムアクションゲーム)の基礎と言えるゲームではないですかね?

いまだに時折頭の中で「きっく、ぱんち、そーるどまいん」と勝手に流れる事があります。

この時期はいろんな新しいジャンルのゲームが開拓されてていい時期でしたね^^
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/267-504c37fe
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。