上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.07(Sun):懐ゲー

『ストリートファイターII』(ストリートファイターツー、Street Fighter II)は、カプコン制作の対戦型格闘ゲームで、『ストリートファイター』の正統続編。通称『ストII』(ストツー)。1991年にアーケードゲームとして登場し、爆発的ヒットを記録した。

今日の対戦型格闘ゲームの雛形となり、多くのフォロワーを生み出した。また、多くの続編、ゲーム機への移植が行われ、対戦型格闘ゲームブームを引き起こした。特にスーパーファミコン版は国内販売本数約288万本、世界累計販売本数630万本を誇り、対戦型格闘ゲーム史上売り上げ1位を記録し、同社最大のヒット作となる。ゲーム以外にもアニメ、実写映画、漫画、ドラマCDなどの幅広いメディアミックス展開が行なわれた。

アーケード版は高校生から社会人までの比較的高い年齢層に支持されており、ユーザーによっては100万円以上を使った者もいた。スーパーファミコン版はゲームセンターに行くのを敬遠していた小中学生に支持された。この低年齢層が後年の格闘ゲームファンとなっていく。大きく描かれたキャラクターが1対1で対戦する。各キャラクターはプレイヤーの操作により生き生きと動き、またキャラクター間のバランスは続編の『ストリートファイターII'』(以下『II'』と表記)以降、綿密に調整され、対戦をより奥深いものとした。プレイ中の相手に対戦を申し込む「乱入対戦」と、いわゆる「対戦台」のスタイルを確立した作品である。初代『ストリートファイターII』(以下『II』)に限り、1コインで対戦できた(できないよう設定することも可能)。ただし(勝者がゲームを続行できる乱入対戦と異なり)結果にかかわらず試合終了後に両者がゲームオーバーとなる。

現在、商標などの全ての知的所有権はカプコンのグループ会社、カプコンUSAが保持している。
~wikiより~

もはや言わずと知れた対戦格闘の基礎ゲーですね。

これは確か私は高校生の時に一大ムーブメントが巻き起こり、高2~大学1年あたりまでは継続して遊んでいたような気がします。

一番遊んだのは「ストリートファイターIIターボ(1993年7月11日)販売本数 国内:約210万本 世界:410万本」でした。

一度ターボで遊ぶと、無印では動きがノロすぎて全くつまらなく感じましたねー。

仕様キャラはもちろんリュウです!
ターボからリュウとケンに個性がつけられて、波動拳が強化されたリュウよりも、昇竜拳が強化されたケンの方がコンボも決めやすく、性能的に強かった気がしましたが頑なにリュウにこだわって波動拳がらみのコンボを必死にマスターしてましたねw

高校の同級生の中では強かった方だと思います!

一度まだ対戦した事無い同級生とスト2関係で口論になり、おもいっきり顔面をぶん殴られたのも今やいい思い出ですw(その後実際にスト2で対戦して仲直り。リアルで敗北、スト2では勝利という結果にw)

当時から自分はゲームうまいぜ!という自負があったのですが、大学に入って一人だけ絶対に勝てないやつに出会い(しかもザンギエフw)その後スト2をする事はありませんでした。
ゲーマーという空気も持ってなく、イケメン(彼女あり)、授業出ないのにほぼ単位優、性格もイケメン、金持ち、という何ひとつ勝てる要素の無い人物(勝ったのは背の高さくらいw)だったのでせめてゲームでは!といきまいて完敗したその夜、私はそっとスーファミのコントローラーを置きました。。。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/262-c854012c
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。