上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.31(Tue):懐ゲー

『熱血高校ドッジボール部』(ねっけつこうこうドッジボールぶ)は、1988年7月26日にテクノスジャパンより発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。1987年に発表された同名アーケードゲームの移殖作品である。

2003年には、メディアカイトより、『ウルトラシリーズ』としてWindows版が発売されている。これはファミリーコンピュータ版の完全移植版であるが、ゲームバランス設定機能が追加されている。

1人プレイ専用の「遠征試合」、2人対戦の「対抗試合」、1-4人同時対戦の「クラブ活動」がある。

ボールを投げ、相手にヒットさせると体力を減らすことができ、体力が0になった選手は退場する。体力が減ったキャラがシュートにヒットすると、一定時間動けなくなる「疲れ(息切れ)状態」が存在し、ゲーム性を高める要素ともなっている。また、各キャラクターに個性的なステータス特性や必殺シュートが設定されている。
~wikiより~

これは友達との対戦が面白かったですね^^
個人的にはこれが面白かったので、前作のダウンタウン熱血物語をやったと思います。

必殺シュートを撃つのがたしかダッシュ7歩したのちに投げたら必殺になったような記憶があります。
走りながら心の中で「1.2.3.4.5.6.7.おりゃー」とか言っていたようなw

多分今やっても無意識に7歩ダッシュ必殺シュート撃ててしまうんでしょうね^^;

やはり子供の頃に叩き込まれた事は潜在意識の中にきっちり埋まって抜けないみたいですね。

今ならはっきりと子供の頃にもっと勉強しとけばよかったと思います。

しかし多分時間巻き戻っても、確実にまた同じように遊びまくるんでしょうけどw
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/193-b79eed8d
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。