上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.30(Mon):SKYRIM

ゼニマックス・アジアは,同社が発売中のRPG「The Elder Scrolls V: Skyrim」のダウロードコンテンツ「Dawnguard」の配信を2012年7月31日に開始すると発表した。対応機種はXbox 360のみで,価格は1600マイクロソフトポイントが予定されている。PCおよびPlayStation 3版の配信日時については,現在のところ発表されていない。

また同社は,The Elder Scrolls V: Skyrimの最新アップデートとなる「パッチ1.6」の配信を,2012年7月30日に開始することも明らかにした。こちらも対応機種はXbox 360のみとなっている。

DLCのゲームプレイの長さは15時間ほどあり,Skyrim本編のメインクエストと共存できる構造になっている。Dawnguardの難度はプレイヤーのレベルに自動調整されるものの,デモの担当者によると新しくキャラクターを作り直してプレイし始める場合は,レベル10以上でプレイが可能とのことだった。また,反対勢力に乗り換えられる機会も,ゲームの途中で数回用意されているという。


と今回はひさしぶりのスカイリムです。
すっかり私もやらなくなってしまいました^^;
現状箱〇自体数ヶ月電源が入っていないような状態なので手を出すのは無理ですねw

しかしながらこのコンテンツは完全に箱〇専用みたいですね。
Bethesdaとしての現在の見解は「我々は他のプラットフォーム向けに“Dawnguard”を発表していない」と述べ、続けて「そのようなニュースを報じる予定も無い」とコメント。現時点ではBethesdaはPC/PS3版“Dawnguard”を発表していない、またアナウンスする予定も無いことを明らかにしました。一方で「もし情報があればお伝えすると約束します」とも発言し、何らかの動きがあればユーザー達に対しニュースを伝えていくと呼びかけています。

何という箱〇ひいきw
CODにしてもそうですが海外でのマイクロソフトパワーというものは計り知れないものがありそうな感じですねw

ゲーム自体は出しておきながら、コンテンツ独占というのはいかがなものかと思いますが・・・。

巨大企業というのは恐ろしいですねw
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/192-70c58734
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。