上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.21(Thu):懐ゲー

『キングオブキングス』は、ナムコが1988年12月9日に発売したファミリーコンピュータ用のゲームソフト。最大4人での同時プレイが可能なシミュレーションゲーム。開発は女神転生のアトラスで、キャラクターイラスト担当は金子一馬である。ソフトにN106音源チップを搭載する。

ゲームはあらかじめ用意された全4シナリオでコンピュータと対戦するキャンペーンモード「ルシファーとの戦い」と、自由にマップを選んでコンピュータやプレイヤーと対戦できる「マルチプレイモード」がある。

キングオブキングスにおいては総大将にあたる「キング」がゲームの軸となっており、相手のキング(FCキャンペーンではルシファー)を倒すことが勝利条件となっている。そのために、プレイヤーは都市占領などで資金を調達し、ユニット(後述)とよばれるキャラクターを生産(召喚)し攻撃行動を行う(理論上は都市占領・ユニット生産なしで勝利を収めることもできるが、非現実的である)。ユニットにはファイターやゴブリンなど複数の種類があり、同じユニットでも対戦種族によってATK(攻撃力)とDEF(守備力)が異なるため、ユニット間の"相性"を考慮して戦術を練らないと勝利は難しい。
また、「マルチプレイモード」においては「同盟」というものが存在し、同盟国同士は互いにユニット同士の攻防は出来ないが、同盟国以外の勢力を全て倒すと勝利扱いとなる(同盟はプレイヤーが設定可能)。そのため複数人プレイの場合は同盟システムを用いたチーム戦を楽しむことも可能である。

このゲームは隠れた名作ですね。
内容的には、大戦略とファイアーエンブレムをまぜたような感じでしょうか。

マルチもしっかりとした作りで、よくこの手のゲームはマルチでやると決着がなかなかつかない、といった事がありがちですがこのゲームは結構スムーズに決着がつきます。
セーブもあるので後日再開もできてなかなかいい対戦ゲームでした。

ただ対戦でやると始めはわきあいあいでやってても次第に険悪なムードになって空気が重くなるといった事はどうしてもありますが^^;

ゲーム的に、ナイトを成長させ、ドラゴンナイトにすると最強なのですが、変身しかかったあたりでグリフォンを差し向け台無しにさせるという事をお互いがやり続けるのでそりゃ険悪にもなりますわなw

このゲームはナムコアンソロジー2でリメイクもなされてます。
知らない人にはぜひ一度やってみてもらいたいゲームの一つですね。
きっと今でも、特に古臭いイメージも受けず普通に面白く遊べる事請け合いです。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/154-74eef947
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。