上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.20(Wed):モンハン

2012年3月期決算が、売上高が820億円(前期比16.0%減)、純利益は67億円(同13.2%減)と減収減益だったカプコンですが、株主総会で面白い質問が出されたみたいです。

Q.モンスターハンターシリーズをPSPで出していた時はすごく売れてて、ニンテンドー3DSで出してから売り上げがだいぶ下がっているんですけど、なんでソニーじゃなくて、ソニーのPSPじゃなくて、任天堂の3DSで出すようになったのかな?

A.モンスターハンターというブランドは約10年育ててきた。当初はPS2から始まり、その後携帯機のPSPで出した。3、4作で人気のあるブランドになった。過去のブランドを見ても、1つのハードで3作4作5作と連番で出すと、我々がクリエイティブとしてやっていくこととハードのスペックとのせめぎ合いになる。クリエイティブの観点から新たなフィールドを求め、ブランド展開を模索せざるを得ない。3DSは見た目が奥深い3Dと興味深いハード。これでモンスターハンターを展開したらどうなのか、というクリエイティブの挑戦で3DSのハードを選びたい、ということで出した。販売数量は「モンスターハンター3G」は以前出した「モンスターハンター3」のアレンジのバージョンという位置付け。そういった点で売上数量を見てもらいたい。すでにアレンジタイトルでありながら160万本を越えている。次への飛躍になると考えている。


と多くのモンハンファンを代表して言ってくれた方がいたみたいですね^^;
まあハード的な限界がPSPにあったのはわかりますが、それにしても使用する事のないのが明らかな3D機能に飛びついた判断はいかがなものかと^^;
何といってもやっぱりモンハンの醍醐味はパーティープレイなので、それをオンラインで手軽に出来ない現状の3DSでは、今後ハード販売台数増えたとしても、どうやってもPSPの時の記録は抜けない気がします。
ゲーム自体の完成度はなかなか良かったみたいなのでやっぱり残念です。

メーカーさんにはハードの性能だけでなく、ハードとゲームの相性という部分もより考慮してもらいたいですね。

ま、そんな事言ってるうちにwiiUでアドホックパーティーみたいなものが出来て全部解決されてしまいそうな気がしないでもないですがw
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/153-159923ab
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。