上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.06(Mon):FPS

テイクツー・インタラクティブ・ジャパンがGearbox Softwareが開発中のFPS「Borderlands 2」を「ボーダーランズ2」として、日本で発売することを発表しました。
発売は「2012年」で対応機種はPlayStation 3とXbox 360で価格は未定。

2009年(日本では2010年)に発売された「Borderlands」(PC/PlayStation 3/Xbox 360)は、廃墟と化した惑星パンドラを舞台に一攫千金を狙う賞金稼ぎとなったプレイヤーが、さまざまな仕事を請け負いつつ、滅び去った文明の遺物をめぐって戦っていくことになるという内容。
アメコミ調のグラフィックスと、ランダム生成によって作られる多種多様な武器、そして、FPSでありながらRPGの要素を大きく取り込んだゲームシステム(RPS)などありそうでなかった斬新なゲームでした。

この前作ですが、私は去年のPSN事件の時にネット繋がらなくて暇だったので、勢いで箱〇を購入して銀杏さんに手伝ってもらい一気にクリアしました。
始めた時銀杏さんはすでにクリアしていたのですが、銀杏さんのプレイのとこにこっちが入っていくと、レベル1でも最終ステージ行けてしまい、敵一人倒すたびにレベル上がりまくるという洋ゲーならではのバランスを利用してあっという間に高レベルへと到達してしまいました^^;

RPGならではのコツコツ感はまったく味わえなかったですが(自業自得w)それでも結構面白かったですね^^
もともとPSU(ファンタシースターユニバース)等で武器集め等を楽しむ派だったのですが、このゲームにも似たような所があり、ある意味PSUをFPSにしてアメコミ風にしたといった感じでした。

2だと同時スタートで始められるのでより面白そうで楽しみです。

前作の「Borderlands」(PlayStation 3 / Xbox 360)の廉価版となるPS3用ソフト「ボーダーランズ ゲーム・オブ・ザ・イヤー・エディション」が、2980円でDLCが全部入った状態で4月5日に発売するらしいので、FPS慣れてない人でもほぼ関係ない内容なので興味ある人はやってみて損は無いと思います。

↓以下コピペ
ボーダーランズ最新作

 そのオリジナリティあふれるグラフィックと数千万にも及ぶ武器のバラエティ、特徴ある4人のキャラクターでの協力プレイなど、“オンリーワン”の魅力で、ゲームファンに受け入れられた本作がさらにパワーアップして2012年登場!

ゲームフィーチャー

1.RPS(ロールプレイングシューター): FPSアクションとアクションRPGが高次元で融合した圧倒的なオリジナリティ
2.トゥーンシェイドで描かれた独特で明確に一見して”ボーダランズ”と理解できるキャッチ―なビジュアル
3.特徴的な4人のキャラクターをそれぞれが操作してミッションにチャレンジしていくCo-Opプレイ
4.無限とも言える唯一無二の武器の数々

新たなキャラクター 武器 ステージ
 今作では、「パンドラ」という前作の舞台を踏襲し、ストーリーとしても、前作から続くものにはなっていますが、選択できる4人のキャラクターは一新され、同じ星を舞台にしながらも、荒野のみだった前作の舞台もジャングルやツンドラと言った新たな環境が用意され、前作でも好評だった武器のバラエティも前作の5倍となり、まさにパワーアップしたゲームをお楽しみ頂くことが可能です。

プレーヤーキャラクター
新キャラ Gunzerker

 前作、Brick(バーサーカー)に代わるBorderlands2のガチムチ系キャラ。バーサーカーは肉弾戦をメインにした能力だったが、このGunzerkerは、そのパワーを駆使して重火器を2丁拳銃のように使いこなす。
 その他、ソルジャー、セイレーン、アサシンも本作のために新しく変更されている
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/13-772983fc
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。