上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.16(Wed):懐ゲー

『グーニーズ』(The Goonies)は、コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)から発売されたゲームソフト。同名のアメリカ映画『グーニーズ』を原作としている。

内容はサイドビューのアクションゲーム。1985年12月に同社からMSX用ソフトとして発売された。また、1986年2月21日には内容の異なるファミリーコンピュータ版が発売され、後にPC-8800シリーズ・X1にも移植、ファミリーコンピュータ ディスクシステムの書き換え用ソフトとしても登場した。なお、これらは全て日本国外では発売されていない。ただし、アメリカでは1986年に任天堂VS.システムでFC版をベースとしたアーケード版『Vs. The Goonies』のみ登場していた(こちらは日本未発売)。

MSX版とファミリーコンピュータ版は、ゲーム内容に共通点は見られるものの、まったく違った作品となっている。なお、どちらの作品もゲーム中のステージBGMとして、シンディ・ローパーの歌った映画の主題歌『The Goonies 'R' Good Enough(グーニーズはグッドイナフ)』をアレンジした曲が流れる。
~wikiより~

これ映画知らなくて、何となく面白そうだったので買ってみたら大当たりだったゲームですね。
ゲームで面白かったので後々映画を見ました(もちろんTVでw)。

私的には、これ面白かったのがきっかけで、多分出た順番は逆だったと思いますが、同ジャンルっぽい「スペランカー」を買うきっかけとなったゲームです。

まあ主人公のタフさがとてつもなく違いますけどね!

スーパーサイヤ人孫悟空とショットガン持った村人(ラデッツに殺された人)くらいの差がありますw

当時はかなりやりこんで隠しアイテムの位置等全て覚えてましたねー。
動画見ててキックでアイテム出してる所とかみると懐かしくて涙が出てきそうです^^

映画自体もおっさんとなった今見ると、以前とはまた違った感慨に浸れる事請け合いですのでお勧めです!
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://aragorn777.blog.fc2.com/tb.php/118-67615172
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。