上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.03.04(Mon):雑記

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、A-1 Pictures制作の日本のテレビアニメ作品。2011年4月から6月までフジテレビ・ノイタミナ枠などで放送された。全11話。略称は「あの花」、「あのはな」。2013年、夏に劇場版が公開予定。

あらすじ
幼い頃は仲が良かった宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道ら6人の幼馴染たちは、かつては互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスターズ」という名のグループを結成し、秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、高校進学後の現在では疎遠な関係となっていた。

高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていた仁太。そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。芽衣子の姿は仁太以外の人間には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを探っていくことになる。それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた6人は再び集まり始める。
~wikiより~

久しぶりにアニメを一気に見ましたが。。。

泣いたw

本当に噂に違わぬ神アニメでしたね^^
アニメ好きの人にとっては「今頃か!」と思われるかもしれませんが、元々私はアニメを殆んど見ないので(全部見たのは、北斗の拳、けいおん、ひぐらしの鳴く頃に、くらいしか思いつきませんw)その存在すら全く知りませんでした。

で、このアニメを見るきっかけとなったのは、私の一番好きな動画投稿者、生主の人達がやるマインクラフトの動画をみたのがきっかけで、その中で号泣したという話だったので、それなら一度見ておこうかという適当な動機から見始めましたw

その動画↓


まあ適当に1日1話でも見ていこうかという気楽なノリで。(3日で見終わりましたがw)

このアニメが全体からかもしだすノスタルジックな空気に、瞬殺されました。

ラストのベタとも言える泣かせ演出にさくっとやられて、じんたんもろともめんまのお願いを叶えさせられてしまいましたねw

このアニメは普段仕事や生活に追われて、何か大切なものを失くしてそうな中年世代の方々にこそ見て欲しいアニメだと私は思いました^^


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。