上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.30(Fri):FPS

前回ブログお休み宣言風の事書きましたが、ようやくBO2にも慣れてきてやっていけそうな気配なので多分毎日更新しますw

毎回私はシリーズ新しくなるたびスロースターターなのですが(BOもMW3も最初はキルレ1.4くらいから最後2.0に)、今回は特に苦戦しましたね><

まあ私はもともとエイム力や反応速度でキルを稼げるタイプでは無いので、マップやリス位置を把握できるまではいつも苦戦します。

今回は特にクソリスで把握までに時間がかかりました^^;

あと、今回から変更された感度にも慣れるのに時間がかかったのも要因でした。

今まで全シリーズ4固定で使っていたのですが、今回最高感度が14といままでより細分化された為、自分にあった感度がどれなのかいまいちわかりませんでした。

通常時の感度とエイム状態の感度がいままでのシリーズと違って、7や8では通常時しっくりくるけどエイム状態の感度が早く感じ、6では逆と言う感じでなかなかしっくりきませんでした。

という事で、どうせクソスコアなら早い感度になれようと8固定でずっとしてたのですが、ようやく慣れてきて普通にやれるようになってきました。

まああいかわらずの謎判定は多分にありますが、もう頻発しすぎで何とも思わなくなってきつつありますw
多分この謎判定は回線もそうですが、MW3と比べて当たり判定がシビアになってるとも思います。
前作のBO1でも最初感じたことなので、まあようは慣れですかねw

今回はMW3よりも、上手な人には確実に撃ち負ける、という感じがします。
まあこれは変に初心者救済仕様を導入してゲームバランスが崩れたMW3の反省を含んでいるのかもしれませんね。

掲示板を見ても、「MW3でキルレ2近くあったのに1切った;;」という書き込みもよく見かけますが、同じ状態の人も慣れれば大丈夫なはずなので心を折れずにがんばってくださいw
スポンサーサイト
2012.11.28(Wed):FPS

Ubisoft Entertainmentは,北米で2012年12月4日の発売が予定されている「Far Cry 3」(PC/PlayStation 3/Xbox 360)の最新トレイラーを公開した。

シリーズ3作目となるFar Cry 3は,南洋の島Rock Islandに仲間と観光に出かけた主人公Jason Brodyが,地元の犯罪者集団に誘拐された恋人の消息を追いつつ,犯罪者達に乗っ取られた島を,地元の人々と共に奪い返すというオープンワールドタイプのFPS。

最新のゲームエンジンである「Dunia Engine 2」が描くジャングルや高原,そこに暮らす野生動物,さらに燃え盛る炎の描写まで,非常にリアルな世界が作り上げられている。

公開された映像は,マルチプレイのCo-op(協力モード)を紹介するもので,スコットランド系のチンピラCallum,ニューヨークの汚職警官Leonard,ロシアのヒットマンMikhail,そして元傭兵のTishaという,個性あふれる4人組を操作することになる。彼らは,シングルキャンペーンの悪役であるVaasに雇われて島にやってきたが,不要になって殺されかけたところを逃げ出し,復讐のために戦っていくという,キャンペーンモードの6か月前に起きた出来事を描くCo-op専用のストーリー。

北米のほか,イギリスでは11月30日,そのほかのヨーロッパ各国では11月29日と,発売はもうすぐで,欧米メディアのレビューなども公開されつつある。Metacriticのメタスコアでは90点前後という高い評価を得ているので,日本での発売が待ち遠しいところだ。

~~~
夕べはBO2猛特訓?の為更新できませんでしたw

BO2になってからフルボッコにされ続けてるのでこういうCo-opゲーに逃げたくなる気持ちが沸いてくる今日この頃ですが、昨日あたりから再びゲーマー魂に火が付き始めて、意地でもこのクソゲーでもそれなりの実力を出せるようになってやるという気持ちが芽生えつつあります。

正直MW3までである程度自分の力を過信してた部分があったのをBO2でおもいっきり知らされました。

再びMW2の新兵時代の気持ちに帰り勉強しなおすことを決意!

というわけで今後成績が落ち着くか、完全に心折れてあきらめるかのどちらかになるまではこのブログの更新がちょくちょく途絶える事になると思われますが、更新はかならずするので今後ともよろしくお願いします。
2012.11.27(Tue):新作ゲーム情報

「トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士 2~」は,アトリエシリーズ12作目(A12)として2010年の6月24日に発売されたPlayStation 3用タイトルだ。人気イラストレーターの岸田メル氏がデザインするキャラクター達を忠実に再現した3Dモデルや,遊べば遊ぶほど味が出てくるシリーズおなじみの調合システムなどが好評を得た作品で,アトリエシリーズの中でも目立つヒット作となった。

そんな同作が,2012年11月29日に「トトリのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士 2~」(以下,トトリのアトリエPlus)として,PlayStation Vitaで帰ってくる。PS Vita版で最も注目すべきは,PlayStation 3版と遜色のないクオリティを携帯機で楽しめることだが,新たなアイテム「服飾品」の追加といった新要素がしっかりと用意されている点も見逃せない。

~~~
フレでも意外な人が実はやってたりして面白いシリーズのアトリエですが、今回PS Vitaでシリーズ最高傑作と名高いトトリがリメイクで出されます。

内容はほぼ同じなのでPS3でやった人はわざわざVita買ってまでやる必要はなさそうですが、さすがVitaということで携帯機でもほぼ同じ感じに仕上がってますね。

私的にこのトトリもフレから借りてさわりだけやったのですが、面白さを理解する前に当時MW2にがっつり時間をかけてたのでやらなくなってしまいましたw(あな申し訳ないw)

多分今の状況ならBO2で心折られてるのでやってたかもしれませんがね^^;

てかBO2で1年遊べる気がしなくなってきましたw
2012.11.26(Mon):FPS

ソース

機械翻訳 一部抜粋


我々は、フェイスオフ、元のXbox 360で画質について語ったほとんどすべては、Wii Uのバージョンと一緒にここに適用されます - それは、少なくとも視覚的な観点から、著しく近い変換です。水平高級が実際にどれだけ広範な心に非常に顕著ベアリング - PCゲームがベンチマークを提供していますが、Treyarchのアップスケーリングアルゴリズムが良い、きれいなプレゼンテーションを提供して、Xbox 360上でも同様に、彼らがそうであるように動作します。


パフォーマンス分析 - WiiのUは競争するのに苦労する
ここまでは良い。ビジュアル品質の面では、Wii Uは2のHDコンソール版のより洗練されたと一緒に自分自身を確立しています。残念なことに、それがパフォーマンスに来るときは、Wii Uのリリースでは、ロックされた60FPS目標が、コールオブデューティーが彼らのために提供するTreyarchの目的の両方の短い下りの道をいくつかの深刻な問題を抱えています。


プレイステーション3バージョンはオンラインに321,502人のプレーヤーがいました。
興味深いことに、それはXbox 360バージョンを打ち延ばしました。それは282,683人を記録しました。
Wii Uバージョンは452人のプレーヤーだけを自慢することができました。

比較
箱〇、PS3が60FPSの時WiiUは44
箱〇40、PS336、WiiU18

ちなみにここでのFPSとは秒間フレーム数の事で、多い程なめらかにぬるぬる動きます。

ここまで差が出ると、FPSとかでは明らかに快適さが変わってきますね。

BO1の時PS3のフレーム数が箱より少なく、カクカクな感じになっていたのですが、それとは比にならないレベルではないですかね?

なぜ最新の機種のはずなのにこんなに差が出てしまったのでしょうか?

まあ機種的に開発が他のより遅れたという事も大きな原因でしょうが、CPUに問題があるという話も出てきています。

とりあえず現行はまだいいとは思いますが、これではPS4や新型XboXが出てきたとき対抗できるのでしょうか?

ま、任天堂さんは今までもハードの性能以外の部分でものすごく戦術が上手なので少なくとも日本では当分任天堂のターンになりそうな予感はしますがw
2012.11.25(Sun):FPS

先日PS3にパッチ1.03がリリースされ、フリーズする問題の一部は修正されたようですがまだ完全ではありません。ですが、コミュニティーではある方法を実行するとフリーズが防げると話題になっています。そのやり方とはRedditユーザーのDoodooButter氏の検証したやり方で、ゲーム前ロビーで”カウントダウンが0になるときにプレイヤーをハイライトしていない事。(プレイヤーにカーソルを合わせない)”だそうです。他プレイヤーのエンブレムを見ようとしていた時に常に起こる事に気付き、やめてからは一度もフリーズしておらす、テストの為にカーソルを合わせてハイライトしたらフリーズが発生したとの事。もしフリーズで困っている人は試してみると良いと思います。Gameranxにて記事となっていました。

それからMP1stにて次回パッチの修正候補が挙がっていました。それは、1)シアターモードのUIエラー226117の修正。2)エスコートドローンのグリッチの修正。3)ドラゴンファイアーのバグの修正(展開しない)。そしてFHJ-18AAが正しくレベルアップしなかった問題は全開のパッチで修正されたようです。それからケアパッケージの箱が跳ねてマップ外に出てしまう問題は次回では修正されない可能性もあるとの事。パッチは火曜日にリリースされるのではと予想されています。

http://www.gewaku.com/archives/20113489.html
~~~
相変わらずフリーズ多発の様子ですが(幸い私はまだ発動してません)対処方らしきものが書かれていました。
確かにBO2はプレイヤー情報とかを見ようと右押したとたんしばらく動かなかったり基本的にするので効果はありそうですね。

あとパッチ候補も書かれてますが、何よりもまず相変わらずのクソリスポンと、リス時にしばらくグレや航空キルスト無敵時間をつけて欲しいw

リスしたとたん空爆で死亡そしてまたリスしたとたんクラスター爆弾みたいなので死亡、とかが3回くらい続くのがざらにありすぎです><

すでに心がぼっきり折れかけでもう成績とかどうでもよくなってきましたw

何が今までのCODと違うのですかねー?

一応BOもMW3もキルレ2を達成したはずなのに・・・。

慣れればまた経験を生かして成績は上がるとは思いますが、何か今回そのガッツが沸いてきませんw

やっぱFPSはある程度活躍できなければ楽しくないですねw
2012.11.24(Sat):FPS

『ZombiU』海外レビュー

Eurogamer 9.0/10
私は『ZombiU』の同梱版が出るのを常々不思議に感じていたのだが、ようやく理解することができた。『ZombiU』はお約束のFPSロンチ・タイトルではなく、ジャンルに独創的なヒネリを加えた今までにないゲームなのだ。革命的とまではいかず、『Half-Life 2』のような一流ゲームと比較すると、メカニックがシンプル過ぎるきらいがある。しかし、Ubisoftの偉業は減じられるべきではなく、Wii Uを定義付けるゲームになるポテンシャルを秘めている。

巧みなどんでん返し、どこからともなく聞こえるゾンビの声、恐怖に怯える生存者の叫び声。ゲーマーを引き付ける任天堂の新戦略は、どうやら筋力ではなく脳みそが物を言うようだ。


GamesBeat 88/100
そのジャンル、そして難易度の高さが本作のターゲット層をホラー好きやサバイバリストに狭めてしまうかもしれないが、『ZombiU』はWii Uロンチ・タイトルの中でも、必携のゲームとして際立っている。GamePad機能とムード満点のゲームプレーのシームレスな融合は偉業以外の何物でもなく、そのポテンシャルを見出すだけでなく活用してみせた点において、Ubisoftは賞賛に値するだろう。頻繁に死ぬこと、そして同じ長い道のりを再び歩かされることがテンポを悪くしているし、マルチプレーは底が浅い。加えて、真に真実味のあるゾンビ・アポカリプスを作り上げて欲しかったという思いもあるが、それでもしっかりと世界の終わりを描き出している。非常に感心させられた。


Cheat Code Central 4.2/5.0
『ZombiU』はその役目をきっちりと果たしていて、ギミックらしさを感じさせずに、多くのWii Uギミックを提示することに成功している。ここ数年衰退傾向にあるサバイバル・ホラーのスタイルを復活させているのも素晴らしい。Wii U所有者は、今すぐにチェックすべきタイトルだろう。


IGN 6.3/10
GamePadを利用したアイテム収集や一度きりの命、不気味な舞台設定など、『ZombiU』には素晴らしいアイデアが沢山詰め込まれているが、そのどれもが素晴らしいゲームには結び付いていない。操作性はぎこちなく、打撃戦闘はストレスが溜まり、グラフィックも今一つ。いつまで生き残れるか挑戦するのは楽しいが、より優れたゾンビ・ゲームが大量に存在する現状を考慮すると、『ZombiU』は注目に値しない。

~~~
WiiU購入にあたり個人的に検討をしていた『ゾンビ U』ですが、なかなか評価高いみたいですね。

ただやはり時間的な問題でとてもプレイする時間が無いので後々また考えますw

当分の間はBO2の方で慣れていかなければいけないので時間はほぼそれに取られますしね。

すでに初日に心折られかけていましたが、希望が少しずつ見えてきたのでやる気がわいてきましたw

私はMW3から生粋の3点バースターとなってしまったのですが、今回の最初の3点バースト銃のSWAT556の殺しきれなさに絶望を感じ、希望を失いかけてました。

で、今日最後の望みとしてレベル49で開放されるM8をプラベで使ってみたらこれは結構強い!

まあ現状のSMG無双の流れに対抗できるとまでは言えなさそうですが、もともとSMGの近接が苦手でAR中距離プレイヤーとしては立ち回り次第で何とかなる感じが見えてきたのでほっとしました。

とりあえず早く49にして安定したスコアを出せるようにしたい。。
2012.11.23(Fri):PSO2

セガはPlayStation Vita版「ファンタシースターオンライン2」のサービス開始日を,2013年2月28日に決定したことを発表した。ソフトのダウンロードおよび基本プレイ料金は無料(アイテム課金制)で,CEROレーティングはC(15歳以上対象)。サービス開始と同時に,特製アイテムコードなどを収録した「ファンタシースターオンライン2 スペシャルパッケージ」も発売される。

またPS Vita版のサービス開始に先駆けて,PS Vitaユーザーが抽選で参加できるクローズドβテストを,2013年1月中旬より実施予定とのこと。2012年12月上旬より,PlayStation Storeにて,参加者の募集が開始される。応募は,PS Vitaからのみ可能になるという。

なお,PC版とPS Vita版のサブプラットフォームとして登場する予定だったスマートフォン版「ファンタシースターオンライン2 es」(iOS / Android)は,さらなるクオリティアップを図るためという理由から,発売日が2013年に変更となったようだ。

http://www.4gamer.net/games/150/G015005/20121122006/

~~~
今日はBO2をやり過ぎたため手抜き記事ですw

てかBO2難しすぎる;;何かがいままでのCODと違いフルボッコにされ続けています・・・。

どうも私は今回のBO2では活躍できそうな気がさらさらしませんw

まあ何だかんだ言ってやり続けるとは思いますが。

しばらくやった後PSO2に逃げ込む恐れも出てきましたw
2012.11.22(Thu):FPS

海外で発売後24時間で約5億ドル(約406億円)のセールスをワールドワイドで記録した「Call of Duty: Black Ops 2」がとうとう本日発売します!

ちなみにこの記録は映画や音楽などを合わせた北米エンターテイメント史上の最高記録であり,もちろんシリーズでは歴代最高額。そして4年連続で前作を上回り,その年のトップに立つというもの。
それまでの最高記録は,前作「Call of Duty: Modern Warfare 3」が2011年に打ち立てた4億ドルで,2012年発売タイトルのリリース後24時間の成績に限ると「Halo 4」の2億2000万ドルが最高額だった。

Activision BlizzardのCEO,ボビー・コティック(Bobby Kotick)氏は,シリーズ累計で推定1億5000万本とされるCall of Dutyシリーズの総売り上げは,映画「ハリー・ポッター」シリーズや「スター・ウォーズ」シリーズを超える規模になったとプレスリリースでコメントしている。もちろん,比較対象にされている映画作品は,その後に発売されるDVDや関連商品などの展開が売り上げの大きなウェイトを占めるので,簡単には比べられないのだが,少なくともCall of Dutyシリーズが,そうしたタイトル並みに「誰でも知っている」存在になったのは間違いない。

~~~
というわけで今日からまた新しい戦いが始まる訳ですが、何度やってもこの時は一番わくわくする時ですね^^

私的に今回は成績(キルレ)を一切気にしない事を目標にやっていこうと思います!

MW2やってた時の目標としては、BOでキルレ1.5、MW3でキルレ2.0を目標に設定してましたが、BOで2.0は達成したのでもういいです^^;

実力的にキルレ2の実力は無いので、その数字出す為にはピリピリした戦いを強いられるので、楽しくないのですw

今回からは心底楽しむ事を目標にして、多少やられても不機嫌にならないプレイを目指します!

MW3ではクラン戦もほとんどしなかったのでBO2では積極的にやっていきたいですね。

とにかくまた1年お世話になるBO2がみんなで盛り上がれる神ゲーである事を願います^^
2012.11.21(Wed):FPS


http://kotaku.com/5962012/560-people-are-paying-black-ops-ii-online-on-the-wii-u-right-now
CallofDuty:BlackOpsIIは、現在そんなにオンラインプレイが行われていません。 まだ多くの人々が仕事中や学校の帰り? あまりに新しいコンソールすぎた?人々は他のWiiUゲームに引きつけられているの? 驚くほど素晴らしいMiiverseにハマっているの?

時期尚早ですが、これらの統計は面白いです。彼らが成長すると思っていてください。

比較という意味で、ブラック・オプスIIのXbox 360バージョンは、ローンチ日に800,000人がオンラインに参加していました。

~~~
さすがに人は増えていくと思いますが、動画見た感じでも超やりにくそうな感じですねw
しかしあの小さい画面でも遅延なくぬるぬる動いてるのはすごいと思います。

クソゲー認定されたVitaBOよりずっとよさげですねw

まあ海外ではWiiU不人気という事もあるので、日本ではもう少し多くなるでしょう。

しかしコンシュマーFPSで手馴れた人は、まず確実にPS3か箱〇でやるはずなので、これWiiUでやったら天下取れるのではないですか!w

まあ同じ事考えてる人は100%いるのでまず天下など取れませんがねw
2012.11.20(Tue):雑記


3DS LL用「拡張スライドパッド」がついに発売!

ソース

右スライドパッドを追加する「拡張スライドパッド」の3DS LL版がついに発売! 「モンスターハンター3(トライ)G」をはじめとした対応タイトルをプレイしていて、3DS LL版の発売を心待ちにしていた人も多いだろう。

「ニンテンドー3DS LL専用拡張スライドパッド」は、基本的な作りに3DS用と共通する部分が多い。3DS LL本体と赤外線通信ポートで通信を行なうというもので、左側にはZLボタンを、右側には右スライドパッド、RボタンとZRボタンを備えている(Lボタンは3DS LL本体のボタンをそのまま使う)。

電源には単四形乾電池1本を使用。約480時間動作する。ZL/ZRボタンを押すと電源が入り、5分間操作をしないでいると自動でスタンバイ状態になるなど、基本的な仕様は3DS用と同じだ。

サイズは11.14×19.51×4.28cm(縦×横×厚さ)と3DS LLよりもひと回り大きいサイズだが、外枠は細めで、3DS用よりもスマートにしようとしているのが感じられる。重量は約157gだが、3DS用は約132gだったのと比較すると、大きくは変わらない。3DS LL本体と組み合わせると約508gになるのでさすがに重さがあるものの、サイズ感や重量には気が使われているという印象だ。

プレイ中の操作感についても良好で、やはり右スライドパッドがあると対応タイトルは飛躍的に遊びやすくなる。グリップの形状が変わって中指がくぼみに自然に置けるようになったことで、長時間プレイしても指が痛くなりづらくなった。こうした長時間の使用でも3DS用より良くなっていると思えた。

~~~
モンハン4に向けて3DS LLで遊んでいる人には朗報ですね^^

てか無印からMHやってるものにとっては、ステック2本使えない状態での操作がいまいちまだ慣れ切れません。

PSPでもそうでしたが、やはり攻撃はステック倒しでやりたいのです!

まあもうボタン攻撃にも慣れてるのでやれるっちゃあやれるとは思いますが。

始めてMHやった時とかあの使用ボタン数にびっくりしたものです。てかモンハンで始めてステックが押し込みできた事に気づきましたw

4は3DSという事なのですが、どうしても携帯機は好きくないのでWiiUでHD同時発売とかしてくれるとありがたいのですが^^;
2012.11.19(Mon):FPS

先日の記録的なローンチ以降、盛況なマルチプレイヤーと好評なセールスと共に、PS3版「Call of Duty: Black Ops 2」のフリーズ問題や一部の特典コードが有効化出来ない問題が伝えられる状況となっていましたが、昨日TreyarchがPS3向けの新パッチ1.03(※ 58MB)をリリースしました。

まだ、詳細なパッチノートは公開されていませんが、Activision Supportの発表によると、今回のパッチはパブリックなマルチプレイヤーロビーのシステムロックアップと、エラー受信に関する問題の修正を含んでいるとのこと。

~~~
パッチが配信されたみたいですが、まだフリーズするという人もいるようですね。
主に初期型のPS3で起こりやすいという話みたいですが、日本での発売までには完全解消されるのでしょうか^^;

とまあこの手の話はPS3ユーザーからしてみればもう聞きなれた話なので、ああまたか、といった感じですねw

前回のBOもPS3版はFPS落ちしてかっくかくの動きのままやらされたり、フレンドがパーティーからはじかれまくったりしましたし、MW3でもヒット音が無かったり、とにかくPS3版は不遇な環境にたたされます。

まあアクティビジョンが100%箱〇サイドについてるので致し方ない事なのかもしれません。
まだ発売日同じにしてくれただけありがたいといった所かもしれません^^;

私は箱〇も持ってますが、日本でFPSのマルチを友人と快適に遊ぶにはやはりPS3なので迷わずPS3を買いますw

早くいろいろな面を解消したPS4が出て欲しい気はしますね。
2012.11.18(Sun):懐ゲー

ドカポンシリーズは、アスミックが販売したコンピュータゲームのシリーズ。その後、スティングが販売する。
(ドカポン3・2・1 〜嵐を呼ぶ友情〜 は1994年12月2日発売)

ドカポンシリーズは、ファンタジーRPG風の世界観で、プレイヤー、もしくはコンピュータの担当する数名のキャラクターがすごろく状のボードマップ上でルーレットを使って移動しながら、敵を倒したりダンジョンを攻略してお金を稼ぐボードゲームである。最終的にお金・資産が最も多かったプレイヤーが勝利する。シリーズを通じて「お金が第一」がテーマとなっていることや、他のプレイヤーの妨害手段が豊富に用意されていることから「友情破壊ボードゲーム」もしくは「友情破壊RPG」というキャッチフレーズがついている。

~wikiより~

ドカポンは結構多く出されていますが、私的にはこの第2作目の「ドカポン3・2・1 〜嵐を呼ぶ友情〜」がRPGとスゴロクが一番うまく融合された最高傑作だと思います。

2作目なのになぜ3・2・1?と思う方もいるかもしれませんが、これは第1作目が「決戦!ドカポン王国IV 〜伝説の勇者たち〜」といきなりIVと名づけられている為です。

このIVは4人で遊べるぜ!という事から付けられたみたいですが、そんな事を知るよしも無い私はIVをやって面白かったので必死で1・2・3を探したものです^^;

しかししばらくしたら新作で3・2・1が発売されたというw

このゲームは友情破壊ゲームとして名高いですが、まあガチに対戦すると100%険悪になりますねw

なのでこのゲームは友達と2人で遊んでいたのですが、人間2人VSCOM2人という感じで協力ぎみにして遊んでいました。

COMにはその友人と共通のゆかりのある人物の名前をつけてw

そうすることでそんなにギスギスする事もなく面白くあそべました^^

で、その友人と遊んでいた時で今でも忘れられない出来事があります。

ゲームは私がかなーりリードした感じで、途中関係のあまり無いダンジョンに一人突入し、ほぼ最強といえる装備で固めていました。

お金も余裕でトップで、章も最終章あたりまで進んでいたと思います。

で自分の番が終わってトイレに行って帰ってくるとその友人の表情がおかしい。

見てみるとCOMが1ターンだれでもあやつれるアイテムを使い私をあやつり、その最強装備をすべて武器屋に売り飛ばしてるではありませんか!

さすがにこれはリセット!を主張してリセットしたのですが、このドカポンは1ターンごとにオートセーブで順番的にどうしても私よりそのNPCが先に回ってくる為、何度やりなおしても最強装備を捨てられてしまう!という事態にw

それでやる気無くして結局クリアしなかった気がします^^;

その売り飛ばしたCOMの名前の人に無駄にうらみを持った出来事でしたw
2012.11.17(Sat):FPS

まだReviewが出揃ってないCoD Vitaですが、見た感じ一番槍なGameinformerのレビューでは、これ以上ないくらいにボロカスに言われている。


Rating 3.0(10点中)

コンセプト: 名前だけで売ろうとしただろ?
グラフィック: あらゆる種類のチラツキの詰め合わせ
サウンド: そこら中で炸裂するサイアクで余計なFボム
プレイしやすさ: マヌケなタッチスクリーン操作、使い難いダッシュ以外はOKだ
おもしろさ: このゲームは止めておけ
やりこみ度: 中の下だ

レビューのまとめを、レビュー最後の段落から抜粋。

「Call of Duty: Black Ops: Declassifiedは、本当にびっくりするほど論外(appalling)だ。このゲームはコアなゲーマーのが持つCall of Dutyという名前への期待に答えることに劇的な形で失敗した。また携帯ゲーム機でコンソールのクオリティのゲームがプレイできると期待して、Vitaに250ドルの実弾を突っ込んだ自分のようなゲーマーには残念な兆候だ。Declassifiedは誰にも勧めることはできない。カジュアルなFPSプレーヤーも、Call of Dutyのファンも、どちらもNihilistic Softwareがどうしようもないゲームを開発してしまったということを悟るだろう。

ソースhttp://ameblo.jp/seek202/entry-11405419781.html
~~~
マルチはそれなりに面白いという話もありますが、やはりvitaでCODは無理があったのでしょうか。

というか開発がNihilistic Softwareという時点で地雷臭はただよってましたがね^^;

せっかく発売から24時間で全世界収益5億ドルを達成して大快進撃を果たしているBO2にミソを付けてしまった感もありますが、まああくまで別物というのはCODファンならわかるので別にいいでしょうw

完全なCOD体験というのは何だったのか・・・
2012.11.16(Fri):FPS

※本記事にはフェイクやネタバレ情報を含む可能性があるのでご注意ください

海外サイトSiliconeraが関係者から得た情報によると、ActivisionがLAにてCODシリーズ最新作『Call of Duty 2013』のボイスレコーディング作業を早くも開始しているそうです。

同サイトが入手した台本の内容によると、収録が行われているのは『Modern Warfare』シリーズの続編と見られ、ソマリアを舞台とした“ソープ”の回想シーンが存在するとのこと。また主人公となるのは、Ben Burkeなるコードネームが付けられた、30代半ばの百戦錬磨のベテラン兵士で、ニヒルな物の見方をする人物なのだとか。

Siliconeraはこれらの情報が、後に事実であることが分かった『Sleeping Dogs』のリークを扱ったのと同じソースであると主張。

2013年にInfinity Wardが開発する『Call of Duty』が発売されるのは自然な流れとも言えますが、『Call of Duty: Black Ops 2』が発売された今、今後の情報や噂には否応無しに注目が集まりそうです。
(ソース: Siliconera)

~~~
少し前にプライスの声優が録音に行くとポロリしたとかの情報もありましたが(Infinity Wardは否定)結局次はMW4なのですかねー?

と日本ではまだBO2も発売してないので気が早すぎると言えばあおうなのですが^^;

BO2の時も最初は噂話程度でしたが、結局蓋をあけてみれば噂通りでしたので、まんざらフェイクとは限らないかもしれません。

私的に少し重い感じの雰囲気のBOよりも、明るくはっちゃけてる雰囲気のするMWシリーズの方が好きです。

ただMW3でストーリー的には主要人物ほぼお亡くなりになったので、無理に回想やら何やらで話作りよりも、新シリーズにした方がいいと私は思います。

プライスくらいはちょい役で出てもいいと思いますがw

ま、こんな先のシリーズより目先のBO2です!

おなじみのCOD配信者の方達も次々動画上げてきて盛り上がってきましたね!

さすがに少しリハビリしておいた方がいいのかな?と思う今日この頃^^;
2012.11.15(Thu):モンハン

WiiU本体と同時に発売となる『モンハン3G HD』ですが、TVCMが公開されました。

やたらいろんな意味でのHDを押してますねw

こういうモンハンの画像を見てるとまたやりたくなってくるのは事実です。

しかしながら今モンハンでどれだけの実力が出せるのかははなはだ疑問ではありますが^^;

昔は即死さえしなければ死ぬことは無い!と豪語して頭防具のみで金銀に行ったりもしてたのですが、今はがっつり着込んでも死にそうです^^;

PSO2やボダラン2とかやってても昔のように「オレゲームうめぇぇ」と思える事がほとんど無くなりましたw

すっかりゲームも頼られる側から寄生する側に!!

BO2でもクラメンに寄生して勝率だけは稼ぐことにしようw
2012.11.14(Wed):FPS

海外では一足早く発売になったBO2ですが、それに伴いレビューが出てまいりました。

●GameTrailers: 94/100
●AusGamers: 94/100
●Planet Xbox 360: 93/100
●IGN: 93/100
●Multiplayer.it: 92/100
●Machinima: 90/100
●G4tv: 90/100
●EGM: 90/100
●GamesRadar: 90/100
●Meristation: 85/100
●Game Informer: 85/100
●Official Xbox Magazine: 85/100
●Destructoid: 85/100
●Polygon: 80/100
●Joystiq: 80/100
●Official Xbox Magazine UK: 80/100
●GameSpot: 80/100
●VideoGamer: 80/100
●GiantBombr: 80/100

どこも安定の高スコアの評価ですね。
今回は最初内容聞いた時、確実にCODの黒歴史となる予感がしてたのですが、そこはさすがCODと言った所なのでしょうか。

ちなみに以前取り上げた、ライバルと事前に言われてたメダルオブオナーと比べてみると・・・
・GamingTrend 70/100
・NowGamer 6.5/10
・GameTrailers 6.2/10
・GameSpot 6.0/10
・Playstation Official Magazine UK 6.0/10
・Games Radar 3.0/5.0
・Cheat Code Central 2.7/5.0
・Video Gamer 5.0/10
・Game Informer 5.0/10
・Destructoid 5.0/10
・Eurogamer 5.0/10
・G4TV 2.5/5.0
・Game Revolution 2.5/5.0
・Polygon 4.5/10
・IGN 4.0/10
・Joystiq 2.0/5.0
・Metro GameCentral 4.0/10

明らかな差が出てしまったみたいですね^^;
やはりミリタリーFPSでCODと互角に台頭できるのはBFくらいなのかもしれませんね(コンシュマーに限っては)。

あと聞いた話ではBO2ではかなーり監視の目が厳しいらしく、チートはもちろん、マウス、談合、意図したグリッチ等を行うと即BANされるみたいです。

皆さんこれまでにも増してマナーをきちんと守ってプレイするよう心がけましょうw

日本語字幕版まであと8日!待ち遠しいですね^^
2012.11.13(Tue):新作ゲーム情報


とび森ツイッターより

[岩田]発売後、週末の追加出荷を含め、パッケージ単体で約60万本弱を出荷していますが、今週前半に約10万本、今週後半に約20万本の追加出荷を予定していますので、店頭に到着するまで、今しばらくお待ちいただきますよう、お願いいたします。

[岩田]また20万本以上をダウンロードでご購入いただいており、ダウンロードカードも品切れするという想定外の出来事で、ご迷惑をおかけしております。ニンテンドーeショップから直接ご購入いただく方法もございますので、よろしくお願いいたします。

任天堂の岩田聡社長は11月12日、8日に発売したニンテンドー3DS用ソフト「とびだせ どうぶつの森」が全国で品切れが相次ぐ事態になっているとして、同ソフトの公式Twitterアカウントで、週内に30万本を追加出荷する予定を明らかにした。具体的な出荷予定を任天堂が直接説明するのは異例。

~とびだせどうぶつの森とは~
とびだせ どうぶつの森は,プレイヤーの好きなように“村”を作ることのできる生活系シミュレーションゲーム。公共施設から喫茶店まで,村に建てる建物はプレイヤーが好みで選べるようになっている。

また今作では,お店の営業時間や村人の活動時間を変更する“条例”を設定できるようになる。ニンテンドー3DSのカレンダーとの連動機能もあり,プレイヤーの生活に合わせた村を作れるようになるとのこと。

さらに,プレイヤーキャラクターの着せ替え要素に「ボトムス」「靴下」といった部位が追加され,洋服そのもののデザインも細かく調整可能になるなど,より強く個性が出せるようにブラッシュアップがなされている。作った洋服はQRコードによってほかのプレイヤーと共有することもできる。

もちろん自宅の作り込みもパワーアップしており,パーツの組み合わせ次第ではまるで日本の城のような外観の家を作れるほど。自宅の中に設置できる家具も増えたほか,あとから家具の柄や色を変更できる「リメイク」といった機能も追加された。

~~~
何かドラクエを凌ぐほどの社会現象になってるみたいですねw

私は前作のぶつ森もやってないので100%完全にノーマークでした。
てか出るのさえ知りませんでしたが^^;

最近マインクラフト等のこの手のゲームがかなりうけてますね。

やはりみんな社会生活に疲れてせめてゲームの中でくらいは癒しを求めてるのかもしれませんw

しかし私はまだまだゲームの中で銃ぶっぱなしてスカッと(時にはギスギスw)する方が楽しいです!

まああまりやりすぎると精神的にもさらに疲れが増すんですがね^^;
2012.11.12(Mon):FPS

画面自体はBOっぽいのですが、何か敵の倒れ方やらに違和感を感じますねw

敵の動きもひどいですが、まあこれはMW3で言うサバイバルモードみたいなやつっぽいので、最初なので敵が弱いだけなのでそれは変ではないのでしょう。

私もVita持ってたら試しに買ってみるのですが、持ってない状態でのキラータイトルにはちょっと力不足ですw

もともと携帯ゲームが嫌いなのでよほどの出来でない限りやらないとは思います。

てか本家BO2と時期がかぶってますし、その頃にはWiiUモンハンも出るし、PSO2も続けてるしとてもやる余裕ありません><

とりあえずクランメンバーが数人買うらしいので評判を聞いてはみたいと思いますw


2012.11.11(Sun):PSO2

ある意味悪い期待をしていた前回のアプデ「歴史を壊すもの」ですが、意外と神アプデだった事もあり、俄然盛り上がりを見せてきたPSO2ですが、その「歴史を壊すもの」の来週のアプデ情報が出てきてるのでご紹介。


・ストーリークエスト第8章「終わりの始まり」追加

ついにストーリークエストに最初のクライマックスが訪れる。
謎に包まれていたナベリウスの秘密が明らかになるとともに、アークスの持つ闇の部分も見えてくる。

・新ACスクラッチ「アークスフラッグセレモニー」登場
アークスの創立記念日にあわせて、新スクラッチが登場。

・アークス式典ロビー追加

てな感じです。
今回の服は私的にいまいちなのでACには興味ありませんね^^;
ストーリークエストの方も、浮遊大陸関係のアイテムが全くドロップしてくれないので全然進んでおらず、とても8章に行けそうにありません。
まあ私的にはたいした影響を受けるアプデではありませんでしたw

あとなぜか来週はメンテナンス時間が変更されています。

11/14 定期メンテナンス時間変更のお知らせ

11月14日(水)の定期メンテナンスにつきまして、下記のとおり時間を変更させていただきます。
2012年11月14日(水)11:00 ~ 17:00 → 11月14日(水)4:00 ~ 12:00

※この期間はゲームサーバーにログインできません。

なぜこんな時間に変更がw
しかしながら私的には超うれしいです^^
水曜の昼からが唯一私のフリー時間なので、いつもそこにメンテでPSO2を一気にやり込む事が全くできなかったのですが、これなら帰ってきて即やり込めるではないですか!
もういっそのことこの時間で固定してください^^;

多分今大流行してるチート対策がらみでこうなってるのだと思いますが、いやな予感もします。
メンテナンスに時間かかるから伸びても問題ないようにこうしてるのではないかと・・・。

12時メンテナンスクロスバースト!→15時ワンモア!→17時メンテナンスフィニッシュ!となる気がしてなりません^^;
2012.11.10(Sat):新作ゲーム情報

バンダイナムコゲームスは,2013年1月24日に発売を予定しているPSP用ソフト「銀魂のすごろく」の最新情報を公開した。

本作には,万屋の坂田銀時,志村新八,神楽らいつものメンバーに加えて,真選組の「土方」「沖田」「近藤」の3人もプレイアブルキャラクターとして登場することが明らかとなった。もちろん,この3人もLive2Dでぬるぬると動くという。

そんな彼らが活躍する舞台は「将軍篇」だ。真選組の屯所前からスタートし,「すまいる」に居る将軍に接触して,失った記憶を取り戻すという内容になっている。ただし,すまいるの前にはボッタクリマスが大量に配置されており,所持金をどんどん吸い上げられてしまう。所持金がなくなると,「漁船」マップに強制送還されてしまうなど,一筋縄ではいかないステージになっているようだ。

◆真選組が活躍する将軍篇の舞台!

●将軍の記憶を取り戻した人が勝ち!!

「記憶をなくした将軍が、かぶき町をさまよっているらしい」
松平に捜索を頼まれた真選組は、さまよう将軍を助けるためにすごろく世界に乗り込んだ!
超高額なボッタクリマスをかわしながら将軍のもとにたどり着き、失われた記憶を取り戻せ!
 
なお,現在予約受付中の本作だが,初回生産特典として銀さんたちの音声ドラマとオリジナルカスタムテーマが入手できるダウンロードコード「オリジナルドラマDC(笑)」が用意されているとのこと。そのほか,PV第3弾や30秒バージョンのCM映像も公開中なので,そちらのチェックもお忘れなく。

~~~
と思ったより原作のストーリーを生かした内容の様子で、たんなるスゴロクでは無いようですね。

意外と面白いかもしれませんw
まあ銀魂が好きな人限定になってしまいますが^^;

私はようやく全話アニメを見終わって、今放送されてる第3期を楽しみにしてるのですが、金魂編以降は2週続けて再放送になってますね。

2週続けてというのは手を抜きすぎだろ!

まあ全部話見た者としては銀魂スタッフなら不思議では無いし、別に許せるのですがねw

また無理してすぐ休みになるよりは、こんな感じでゆるゆると続けていって欲しいです。

個人的には早くシリアス系の吉原の話のやつ見たいのですがねー。

まあそろそろとは思うので気長に待つ事にします。
2012.11.09(Fri):新作ゲーム情報

1984年にリリースされた「Karateka」(邦題: カラテカ)がリメイクされました。
オリジナル版を開発したJordan Mechner(ジョーダン・メックナー)氏によってリメイクされ,PlayStation NetworkとXbox Liveで配信されます。

Apple IIでリリースされたカラテカは,日本でも1985年にファミリーコンピュータで発売されており,古参ゲーマーやゲーム開発者たちに思い出深いゲームとして語られることが多い。

アクマが率いる空手家集団に誘拐されたマリコ姫を救うというオリジナル作品の流れを尊重した内容との事。

~~~
っと・・・

どこがカラテカやねんw

ほぼ別ゲーで全くと言っていいほど原型をとどめてませんね^^;

というか思い出深いゲームと言っても、たいがいクソゲーシリーズとして語られる事の多いゲームだと思うのですが、どういった考えからリメイクしようと思い立ったのでしょうかw

まあリメイクによって内容自体は面白くなるでしょうが、あの独特の間違った日本感をかもし出すシュールなクソゲー臭がなくなると、ただの特徴の無いアクション格闘ゲーになってしまう気がします。

やっぱカラテカはこっちですね!

てかなぜ断崖絶壁からスタートするのかいまだに謎が解けませんw
2012.11.08(Thu):PSO2

昨日ついに新マップ、新ボスを含むアプデ「歴史を壊すもの」が実装されました。
それに伴い、いろいろ調整も行われてるのでここでまとめたいと思います。

・クラスレベル41以上からのレベルアップに必要な経験値を引き下げ

これは思った以上に引き下げられてましたね。あまり最近やってなかったハンターのレベルも即1つ上がり、その後少ししただけでもう1上がりました。
前回の調整はただケタを1つ下げただけでしたが、今回の調整で以前までのゆるやかな必要経験値の上昇に戻った様子です。
最初からこうしてればあんなに叩かれる事無かったのにw

・「レベル制限解除試練」の必要アイテム数減少

・レアボスエネミーの出現率UP

・ベリーハード難度で出現するエネミーからの、レアリティ★7~9のアイテムのドロップ率を上方調整

・テクターの性能UP
*ウォンドの攻撃モーション速度を上げて、攻撃の当たり判定を広げ、ヒットストップ時間を短縮する調整
*スキル「シフタアドバンス」「デバンドアドバンス」「シフタクリティカル」「デバンドカット」の効果を上方調整
*スキル「テリトリーバースト」の効果時間を延長し、補助テクニックの効果範囲を大きくする調整
*スキル「ウォンドギア」での追加ダメージの威力を上方調整

・以下のレアリティ★10武器の性能を上方調整
ベルクヴェルカー(ワイヤードランス)
ノイズブローヴァ(ダブルセイバー)
ヴァーダーカノン(ランチャー)
アンブラステッキ(ロッド)
ヴァーダービット(タリス)
マジカルウォンド(ウォンド)

・チームチャットのフキダシを非表示にできるように変更

・PA「サテライトエイム」を途中でキャンセル出来るよう修正

・NPC「ミケーラ」のオーダーに必要なアイテムについて「原生種」が登場する惑星が明確となるよう表記を「ナベリウス原生種」と変更

~~~
と続々と変更が加えられていってます。
しかしここまでユーザーの意見を取り入れる運営も珍しい気はしますねw

まあそれだけ前回の必滅騒ぎが反響大きかった事のあらわれでしょうね。

かなりのユーザーから苦情&プレイヤー離れが起こった事が、公式ブログにも「皆様の信頼を少しでも回復していけるよう」と書かれている事からもうかがえます^^;

あとは運営さんは、このまま変にユーザーに媚びた作りにしすぎないよう注意して舵取りして行って欲しいですね。
まあその辺がものすごく微妙で難しい事なんですが^^;

とアプデの内容に戻りますが、新マップは多少やったのですが、まだボスとは戦っていません><
悪くないとは思いますが、途中の柱みたいな地面から剣を出すオブジェクトが超うざいですw
ただ邪魔なだけな気がしますが^^;
しかも壊しても元に戻るのが早くてうっとおしいw

敵的には結構ダーカーがわんさか沸いてきて、経験値稼ぎやダーカー関係のクライアント消化にはかなりいいマップでした。

ようやくもう少しでファイターでもベリーハード行けるようになるので、ついにレア探しというPSO本来の楽しみ方が出来そうです^^

まああと少ししたらBO2がメインになってしまう訳ですが^^;
2012.11.07(Wed):雑記

エヌ・シー・ジャパンは同社がサービス中のオンライン麻雀ゲーム「雀龍門3」の次期アップデートを12月18日に実施し,タイトルが「真・雀龍門」へと変更になる。本アップデートでは,他人のプレイを見られる観戦モードが実装されるほか,新たなゲームマネーが導入される。また,アップデートの情報を紹介する特設サイトが今回の発表に合わせてオープンしたので,プレイヤーはアクセスしてみよう。

『雀龍門3』
新たなる闘牌の幕開け12月18日より『雀龍門3』は『真・雀龍門』へ!
~本日より「乱王闘牌(ランキングバトル)」スタート~

PC向けオンラインゲーム『雀龍門3』をサービス、運営するエヌ・シー・ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:金 澤憲(キム テクホン))は、来る2012年12月18日(火)定期メンテナンス終了後に大型アップデートを行い『真・雀龍門』(以下、本アップデート)へとリニューアルいたしますことをご報告させていただきます。

本アップデートでは、多くのお客様から実装を望まれる声が多く寄せられていた「観戦モード」を導入いたします。観戦は、現在行われている対局から「レーティング」「現在の観戦者数」「対局開始時間」の3種類より検索し無料でご覧いただけます。また、特設サイトにて本アップデートに関する情報を順次公開してまいります。本日は「観戦モード」と「ゲームマネー改革」として場代と龍宝の情報が公開されました。

~以下略~
ついに観戦モード実装ですか!
これで麻雀初心者の方とかにベテラン雀士の人がレクチャーしたりしやすくなったり、仲間が5人以上の時でもはじき出される事なくなっていいですね^^

というかこの雀龍門のプロデューサーは雀鬼ファンなのだろうかw

どう考えても真・雀鬼から取ったとしか思えない^^;

とまあいろいろいいアプデ内容なのですが、最近めっきり雀龍門をやらなくなってしまいました。

いろいろゲームやる事ありすぎて全く手がまわりません><

まあ面白い事に違いは無いので、また時間余ってきた時にでも打ち始めようと思います。
2012.11.06(Tue):懐ゲー

『スナッチャー』(SNATCHER)は、1988年にコナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)から発売されたアドベンチャーゲーム。小島秀夫監督作品。

架空の近未来を舞台に展開される「サイバーパンク・アドベンチャー」である(最初期の雑誌広告では「サイケデリック・アドベンチャー」と表記されていた)。

2042年のネオ・コウベ・シティ(現在の神戸)を舞台に、人間を殺しその人物と入れ替わって潜伏している正体不明のアンドロイド「スナッチャー」と、それを追う捜査官(ジャンカー、JUNKER)である主人公ギリアン・シードとの戦いを描く。

当時のコマンド選択式アドベンチャーゲームにおいて主流であった「単純なコマンド選択」だけではなく、謎解きとしてキーワード入力を求めたり、ストーリー進行に併せて簡単なガン・シューティングシーンを取り入れるなど、随所にプレイヤーを飽きさせない工夫・演出・表現が施されている。

後に『メタルギアソリッド』シリーズで有名となる小島秀夫が監督した初期の作品であり、映画『ブレードランナー』をモチーフとした(小島本人の口から明言されている)サイバーパンク世界が舞台となっている。小島作品としては、映画的演出を導入した最初のゲームであり、そのゲーム設計や表現は後に発売された『ポリスノーツ』の原型ともなった。

この作品の主軸には、当時におけるソビエト連邦(通称・ソ連。現・ロシア連邦)の存在がキーポイントとして置かれている。オリジナル版が発売された1988年当時はアメリカとソ連という両大国を主軸とした東西冷戦時代がまだ続いており、社会主義国家であったソ連は情報管制が敷かれ、国の内部が西側諸国から見えない、見えにくい秘密の多い国であった。チェルノブイリ原発事故や、北方領土を軍事的に実効支配されている問題などもあって、秘密主義的なソ連に対して当時の日本人は「よくわからない」未知の大国に対する畏怖感をもっていた。この作品は、そんな旧ソ連に対する畏怖感を身近な人間にも置き換えている。

~wikiより~

これは当時のアドベンチャーゲームの中では群を抜く映画的演出のゲームで、かなり新鮮で面白かったですね。

当時はゲーマーの中に、映画のようなゲームをしたい、という願望があったような気がします。
今となってはそれが裏目に出て、やたら映画チックな内容にこだわるあまり、肝心のゲーム性がそがれてる、という現象が起きてる気もしますが(特に大作に多いですね)。

まあこの作品は映画チック、というよりは、まんまブレードランナーをパクったと言ってもいい気さえしますが^^;

このゲームだったと思うのですが(もしかしたら後の作品のポリスノーツかもしれない)音で超びびらされた記憶があります。

何か爆弾か何かで小さく音が聞こえるとか何かで、テレビのテレビのボリュームを上げる事に。
しかしなかなか聞こえないのでマックスまで上げた所、いきなり大音響で爆弾爆発といういたずら心満載のしかけがあった記憶がありますw

音でびびったのはこのゲームと弟切草のミイラ登場シーンくらいですねw(あ、バイオ1の犬ガラスぶち破りもそうかもw)

とにかくアドベンチャーゲームでありながら、いろんな要素が組み込まれてる良作でした^^
2012.11.05(Mon):FPS

テイクツー・インタラクティブ・ジャパンから発売中の「ボーダーランズ2」(PlayStation 3/Xbox 360)は,FPSとRPGの要素が融合した魅力的なタイトルだ。

FPSで「Diablo」ライクなRPGと来れば,やはり多くのゲーマーにとって“刺さる”ようで,2009年に発売された前作「Borderlands」(PC/PlayStation 3/Xbox 360)は完全新規IPでありながら,かなりのヒットを記録した。

アメコミタッチのグラフィックスや,べらぼうによくしゃべるロボット「Claptrap」など,強烈な個性を発揮するキャラクターも魅力的だが,とりわけ目を引くのが,豊富な武器のバリエーションだ。Diabloのようにランダムで生成される武器の数はあまりにも膨大で,ギネス記録にもなるほど。その中から至高の逸品を探し求めるという「潜りゲー」の中毒性さえ持っているのが,このシリーズの見どころの一つだろう。

そんな,ゲームに詳しい人ほど注目せずにはいられない「ボーダーランズ2」のプレイムービーを掲載した。ゲーム冒頭からピックアップしたさまざまなシーンで,本作の雰囲気や概要をお伝えするものになっているので,本作が気になる人は,ぜひチェックしてほしい。

~~~
クランメンバーが意外と次々と購入してるのですが、肝心の勧めていた私と銀杏さんが圧倒的にみんなについていけず一緒に出来ないという現状のボーダーランズ2ですが、勧めていた者としては嬉しいかぎりですw

いつの間にかクランBofBがボダランクランと化してる気がしないでもないですがw

まあBO2が出れば間違いなく全員BO2メインとなるので問題ないでしょうw

問題は私と銀杏さんがBO2までにクリアできるのか?という点ですがまあいざとなればレベル高い人に寄生すれば大丈夫でしょうw
2012.11.04(Sun):FPS

「Call of Duty: Black Ops」に収録されていた「Nuketown」は,核実験施設内に作られた核爆発被害評価用の町で,(1960年代の人が考える)未来的なアメリカの住宅地と,そこに置かれたマネキンが,奇妙な雰囲気を生み出していた。Black Opsのマルチプレイでファンの人気が最も高かったマップの1つであり,そのためか,Nuketown 2025のレイアウトもほとんど変更されていない様子だ。

日本語版「コール・オブ・デューティ: ブラックオプス II」(PC/PlayStation 3/Xbox 360)は,字幕版が11月22日,吹き替え版が12月20日にリリースされる予定だが,初回生産特典としてNuketown 2025が同梱される。
近未来を背景にしたストーリーや,新たなマルチプレイモードなど,さまざまな試みに挑戦するシリーズ最新作だが,Nuketown 2025も楽しみだ。

~~~
このマップって初回特典で必ず付いてくるんですね。
特別版みたいな感じのやつかと思っていました。

見た感じほとんど変わってないみたいなので、またリスポーンと同時にフラグポンポンの日々となる訳ですねw

楽しみですが、最近本格的なFPSに全く触れてないのでおそらく超クソエイムと化してると思われます^^;

ボーダーランズとかはやってますが、おそらくボダランは変なクセついてCODには逆効果だと思われます。

出る前くらいにはCODちょっと触れておかないとまずいですね^^;
2012.11.03(Sat):新作ゲーム情報

コーエーテクモゲームスはPlayStation 3用タクティカルアクションゲーム「真・三國無双7」を,2013年に発売することを発表した。発表に合わせて,同作の公式サイト,公式Twitter,Facebookページがオープンしている。

本作は,中国の三国時代の武将となって多数の敵を豪快になぎ倒す“一騎当千”のアクションを楽しめる,「真・三國無双」シリーズの最新作。開発はお馴染みのω-forceで,多数の新キャラクターや,やり込み要素の追加,新アクションシステムの導入などが行われるという。今回は,新キャラ「楽進」「李典」や,「ストームラッシュ」「ヴァリアブルカウンター」「覚醒」「覚醒乱舞」といった新システムの情報も断片的ではあるが公開されている。ファンはじっくりとチェックしておこう。

~~~
ついに「楽進」「李典」までもが出てきましたかw
この二人同じコーエーの三国志の方では雑魚キャラ設定だったと思うのですが^^;
まあ実際は失敗も多少あるものの、かなり優れた武将だったみたいではありますが。

無双も2や3まではこんな面白いゲーム一生遊べるぜ!と思っていたのですが、さすがに最近は全くやりたいと思わなくなってしまいましたね。

2あたりまでは無茶はあるものの現実味の少し感じられる仕様だったのですが、だんだんキャラがアニメの主人公みたいなトンデモ設定になってきて一気に興味なくしました^^;

まあ時期的にモンハンを始めた事もあり、ネトゲ主流になってオフゲーに魅力を感じなくなった事も大きいですけどね。

なぜか無双といえば思い出すのが、2の関羽千里行をクリアした所のムービーです。

多分ここがキャラ成長させやすくて何度もやったからだと思いますがw

かんうー! あにじゃーただいまかえりもうしたー!

2012.11.02(Fri):FPS

『Medal of Honor: Warfighter』海外レビュー

・GamingTrend 70/100
・NowGamer 6.5/10
・GameTrailers 6.2/10
・GameSpot 6.0/10
・Playstation Official Magazine UK 6.0/10
・Games Radar 3.0/5.0
・Cheat Code Central 2.7/5.0
・Video Gamer 5.0/10
・Game Informer 5.0/10
・Destructoid 5.0/10
・Eurogamer 5.0/10
・G4TV 2.5/5.0
・Game Revolution 2.5/5.0
・Polygon 4.5/10
・IGN 4.0/10
・Joystiq 2.0/5.0
・Metro GameCentral 4.0/10

『Medal of Honor: Warfighter』と『Call of Duty』フランチャイズの比較は避けられないだろう。『Warfighter』の大規模戦闘場面は、明らかにジャンルを支配する『CoD』の影響下にあるからだ。『Call of Duty』シリーズが毎年順調な正当進化を重ねている一方で、『Warfighter』は無難なシューターに不可欠な要素を詰め込んだだけのように見えてしまうのだ。

~~~
と恐ろしく平凡という評価を受けて酷評されてるみたいですね。
まあ無難な感じに出来てるという事は無難には遊べそうという事なのですが、発売日に買うほどのものでも無さそうという事でしょうかw

私的に完全なFPSというものを始めてやったのが、確かノルマンディー上陸作戦から始まるメダルオブオナーでした。

それだけに気にはなってたのですがやはりこけたみたいですねw

海外ではFPSもメジャーになりすぎてタイトルが乱立してるみたいで、適当なFPSでは酷評されてしまいますね。

日本でドラクエがヒットした後にRPG出まくったけど、結局は有力タイトルは数本になってしまった現状と似てる所がありますね^^;

とEAが大コケした後にBO2登場となる訳ですが、こっちの評価も気になる所です。
2012.11.01(Thu):新作ゲーム情報


Take-Twoが2013会計年度第2四半期の業績報告を行い、純収入の大幅な成長を牽引したGearboxの「Borderlands 2」が早くも500万出荷を突破したと発表しました。

Take-Twoの発表によると、“Borderlands 2”と“XCOM: Enemy Unknown”が大きな販売の成功と共に、強力なデジタル販売を生み出しており、ダウンロードコンテンツの売上げが前年同期比で2倍を超える成長を達成したとのこと。

で満を持して日本での発売週のランキングは!
1,アイドルマスター シャイニーフェスタ          119,132本
2,DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION  67,002本
3,ZONE OF THE ENDERS HD EDITITON           44,751本
4,AKB48+Me                       40,542本
5,ボーダーランズ2                    36,068本

3倍近くアイマスの方が売れてるのですね^^;
てかAKBのマニア用ゲームにすら負けてるとは!

やはり日本ではまだまだFPSは発展途上なのですね。

まあ前作の発売日に入荷されないというような状態からみれば快進撃と言えるのは確かでしょうw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。